補聴器の上手な選び方

はじめての補聴器選び

補聴器という普段馴染みのないものに関わろうとすることは、誰しも不安になるものです。
当店では、お客様のそのような不安を少しでも軽減するため、親身になって「はじめての補聴器選び」にお付き合いします。
スタッフとの信頼関係が成立して初めて、安心して補聴器を選ぶことができます。
お一人でのご来店は不安もあると思いますので、ご家族やご友人の方も是非ご一緒にお越しください。
当店では、以下の流れで「はじめての補聴器選び」をご案内しております。

 
医師の診断 ご来店・ご相談聴力測定補聴器の選択・調整補聴器を試す補聴器の効果測定試聴器の貸出、またはご購入日常装用状態の確認アフターフォロー

 

1.医師の診断

「聞こえにくくなった」と周囲の方から言われたり、ご本人が自覚されたら、まずは耳鼻科で受診されることをお勧めします。
難聴の原因によっては治療可能な場合もありますので、自己判断は禁物です。
耳鼻科で診察を受け、治療の必要が無い場合は補聴器の使用をご検討ください。

 

2.ご来店・ご相談

最寄りの岩崎電子補聴器センターへご来店ください(店舗一覧はこちら)。
専門のスタッフがお客様の状況や要望を親身になってお聞きします。
お客様の生活スタイルや、補聴器に対する気持ちをお聞きすることは、適切な補聴器選びには欠かせないことです。
気になる点や不安など、どんなことでも構いませんのでスタッフにご相談ください。
ご来店が困難な場合は、ご自宅等への訪問も可能です


 
 

3.聴力測定

補聴器を選定するために防音室で聴力測定を行います。
言葉の聞き取り測定(語音明瞭度測定)も併せて行うことで、補聴器を装用した場合にどの程度言葉の聞き取りが改善するかシミュレーションすることができます。


 
 

4.補聴器の選択・調整

聴力や使用環境、ご予算、ご要望に応じた補聴器を選択し、聴力に合わせてきめ細かく調整を行います。
より快適な聞こえの観点から、補聴器は両耳装用をお勧めしております。
 
 

5.補聴器を試す

実際に補聴器を装着してみます。スタッフや一緒に来店された方と会話したり、店内の様々な音を聞いたりしてみます。
また、屋外で雑音がうるさくないか、雑音下で言葉の聞き取りが問題なくできるかどうかも確認します。
不快なことがあればスタッフにお伝えください。再調整します。

 

6.補聴器の効果測定

聴力測定と同じような方法で、補聴器をつけた状態で測定を行います。
補聴器装用時と非装用時で、聞こえがどの程度変化しているのかを調べます。
この結果により、客観的な補聴器の効果がわかります。
 
 

7.試聴器の貸出、または補聴器のご購入

店内での装用や効果測定に問題が無ければ、電池の出し入れや耳への装着も実際にやってみます。
使いやすさも補聴器選びには重要です。
当店では、無料で1週間程度試聴器をお貸出しておりますので、実際の生活環境でお使いいただきます。
補聴器の聞こえや使い方に納得されたらご購入のステップへ進みます。
試聴の延長や再調整も行っておりますので、遠慮なくお申し付けください。
 
オーダーメイド補聴器
お客様一人一人のお耳の形に合わせて作る補聴器です。耳型を採取させていただき、シェル自動生産システム「リオネット夢耳(ゆめじ)工房」で補聴器の形を造形します。小型で目立たないサイズからパワータイプまで器種が豊富です。
お耳にぴったりと合わせて作りますので、ハウリング(ピーピー音)や脱落がしにくい補聴器です。ご注文からおよそ10日で出来上がります。


 

8.日常装用状態の確認

補聴器を日常装用されると、様々な音に出会います。
それらの音に不都合がある場合には、補聴器の調整を行う必要がありますので、遠慮なくご来店ください。補聴器には微調整が大切です。

 

9.アフターフォロー

ご購入後、問題なく補聴器をご使用されていても、定期的に点検に出すことをお勧めします。
汚れなどで補聴器の音がきちんと出ていないと聞こえにも影響があります。
補聴器のお掃除、点検、調整は何回でも無料で行います。


 
 
リオネットならではの充実した保証制度
品質保証 お買い上げの日より保証期間内(詳細は製品案内を参照ください)に通常使用により自然故障が生じた場合、 無料で修理対応いたします。
再作保証 オーダーメイド補聴器の形・大きさが耳に合わない場合は、お買い上げの日より120日以内は無料で何度でも再作成します。
 
 
参考情報~「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」について~
 国民生活センターでは、通信販売の補聴器及び集音器等について、安全性や補聴効果に関するテスト、モニターによる装用テスト等を行い、個人に合わせたフィッティングなしに販売される補聴器等の問題点を調査しています。
 消費者へのアドバイスとして、「難聴者は、集音器等を使用しないようにしよう」と記載されています。

詳細については、こちら
独立行政法人 国民生活センター「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」