補聴器の上手な選び方

補聴器の形状

耳あな型

耳のあなに入るタイプ。一人ひとりの耳の形、聴力に合わせて製作するオーダーメイドと、既製耳あな型があります。両耳装用に特に適しています。

<オーダーメイド>
スーパーミニカナール(CIC)
目立たない超小型タイプです。鼓膜に近い場所に収まるため、より自然で快適な聞こえが得られます。
カラーシェル(右:赤、左:青)またはオーバルシステム※の選択が可能です(ご注文時にお申し込み下さい)。
 
カナールエイド(ITC)
使いやすい小型タイプです。豊富な種類と多彩な機能が魅力。
オーバルシステム※の選択が可能です(ご注文時にお申し込み下さい)。

 
 
※オーバルシステム
リオネット夢耳工房のオーバルシステムによって、補聴器のサイズは従来のままで、ベント(通気孔)を 大きくあけ、通気孔から自然な音や空気を通すことが出来ます。
これにより音のこもり感、ひびき感を軽減し、閉塞感の少ないさわやかな聞こえを提供します。
 
マイエイド(ITE)
高・重度難聴の方におすすめの、高出力タイプです。
パワーのある音量でゆとりの聞こえ。「外部入力端子付き」タイプなどがあります。
 


<既製耳あな型>
レディメイド
耳のあなに入れるタイプの既製品の補聴器です。
お買い上げ後すぐに使用できます。お手頃価格で目立ちにくい形状です。
 
 

耳かけ型

耳かけ型(BTE)
耳の後ろにかけて使うタイプで、耳の後ろにすっぽり隠れてしまう補聴器もあります。
小さくて軽い上に性能も多彩で、防水タイプもあります。
肌色の他にもいろいろなカラーの補聴器があるのでおしゃれ感覚で装用できます。
 
 

ポケット型

ポケット型(BOX)
補聴器本体を胸のポケットに入れ、コードの先についたイヤホンを耳に入れます。
ボリュームやスイッチが大きいので操作が簡単。