【旭川店】リオネット補聴器 環境シミュレーター導入!! 【旭川店:補聴器の話】

  
2015年 3月 6日 18:09:00
リオネット補聴器 "環境シミュレーター"を設置しました。

5.1chサラウンドシステム※と、リオネット補聴器のリオン(株)が開発した「環境シミュレーター用音源」を使い、店内で様々な音環境をシミュレートし、補聴器の《両耳装用》《ノイズリダクション》《指向性》《パルスノイズサプレッサー(PNS)》の効果をご確認頂けます。
様々な環境下での聞こえを疑似体験していただき、快適な補聴器をお選びいただくためのツールです。
※聴取者を6つのスピーカー(右前方、左前方、右後方、左後方、低音出力用サブウーファースピーカー)で囲うことで立体的で臨場感のある音響環境を再現するシステムです。
 

店内の一角にブースを設けました。
モニターTV、5.1chサラウンドシステム、補聴器調整用パソコンをセットしてあります。
 
では、リオンが開発した「環境シミュレーター用音源」の内容を紹介します。
 
メインメニュー

《デジタル機能体験コース》《両耳体験コース》《音環境体験コース》から入ります。
 
デジタル機能体験コース

《ノイズリダクション》《PNS(パルスノイズサプレッサー)》《指向性》《SSS》といった、リオネット補聴器のデジタル機能の効果を体験していただけます。
私は「リオネット マジェスシリーズ」で試してみたのですが、騒音+朗読音の環境で《ノイズリダクション》と《指向性》を効かせると、騒音がかなりスッキリして朗読音が聞き取りやすくなる印象を受けました。
 
両耳体験コース

電車内の騒音下で朗読音を左右どちらかから流し、片耳のみの補聴器装用と両耳装用の違いを確認できます。
 
音環境体験コース

《生活音》《電車 鉄道騒音》《車 道路騒音》《公園》《雑踏》のコースがあり、それぞれに様々な音環境が用意されています。
 
 


このように、様々な音環境下で補聴器を試聴できますので、体験ご希望の方はお気軽にスタッフにお声がけください。
 
※補聴器の器種によってはシミュレーションできない場合があります。
※店内の混み具合などによって、実施までしばらくお待ちいただく場合があります。

 
by 中野@旭川店